革ジャン特集

冬の寒さも若干和らぎ、革ジャンが着れるいい時期になってきました。
ちょうどいい季節に入荷の品をご紹介致します。
BACKLASHから3型、STRUMから2型です。
当店春夏シーズンの革ジャンの入荷は最終になります。
ぜひお気に入りの一着を見つけて下さい。

BACKLASH

MARYAMイタリーホースバケッタセミダブル

¥297,000 (tax in)

イタリア名門タンナー高級馬革を得意とするマリアム社の馬革をタンニンで鞣した後、水分を一切使用せずにじっくりと長い時間をかけて繊維の奥まで牛脂を浸透させたバケッタ製法を採用したホースレザー。

インディアンゴート製品染めUSED加工シングル

¥187,000 (tax in)

インディアンゴートのの下地に製品後、グレー系で製品染め後に、黒の顔料で吹き付けし、削り、立体線、汚しの加工を施し、ヴィンテージの風合いを再現したシリーズです。サイズ感は従来のBACKLASHよりルーズ設定になります。

インディアンゴート製品染めUSED加工ダブル

¥198,000 (tax in)

インディアンゴートのの下地に製品後、グレー系で製品染め後に、黒の顔料で吹き付けし、削り、立体線、汚しの加工を施し、ヴィンテージの風合いを再現したシリーズです。サイズ感は従来のBACKLASHよりルーズ設定になります。

STRUM

フルタンニン鞣しカーフスキン燃焼製品染めダブル

¥209,000 (tax in)

STRUMといえばの革、バーニングダイになります。地生の成牛革原皮を日本国内でクロム鞣しした革を一度、脱クロムし、タンニンで再鞣しした革。下地の状態で製品まで縫製した後、燃やしながら製品染め。アルコールと染料を混ぜ、点火。アルコールに火が回った後、染料に火が移り反応で染料が変色、焦げる事により独自のムラ感が生まれます。火が革に移る前に消火させ染料を定着させています。焦げた染料が定着し、独特の濃淡、ムラが表情を作り、製品染めにはない上品さと色気のある雰囲気が特長です。色はガンブルー、かなりいい色です。

フルタンニンピット鞣しシュリンクホースハイドダブル

¥192,500 (tax in)

馬革原皮を日本国内でピット槽に浸け、タンニン鞣しした革を使用したダブルライダース。傷の多い馬革の特徴を生かし、特に傷の多い馬革だけを使い、ピット槽で約3ヶ月という長い時間をかけフルタンニン鞣し。さらに熱を加えながらタイコで回し、通常の半分のサイズまで縮めシュリンクさせ、傷とシボ感でインパクトのある表情に仕上げています。

Top